前へ
次へ

子供との食事は、美味しく楽しい表情を作る中で

子供は、大人と比べると食物の好き嫌いが激しい場合もあります。
親の中には、子供が食物を残す姿を見て、ついつい怒ってしまう場合もあるのではないでしょうか。
子供の食物に対して好き嫌い激しいのは、正常な内容であり、当たり前の話でもあるのです。
子供は大人よりも本能が強く、 味に対する強みも差が現れやすくなります。
怒った表情は、子供にストレスを与え、ストレスを与える食物として認識しやすくなるでしょう。
危険な環境は、自分にとって害がある物が口に入ったと錯覚を起こしやすく、吐き出そうと嘔吐してしまう場合もよくある話しです。
大人が楽しく笑顔の中で食事をすれば、 子供は逆にその食物は身体に良いと本能的に錯覚を起こしやすく、嫌いな食物が美味しく見えて来る場合もあります。
この内容は、子供だけの話では無いかもしれません。
大人同士の中でも、楽しく会話をしながら食事をする食は、美味しく感じられる場合もあるはずです。
怒られながら食事をすると、喉が通らなく、美味しくない場合もあるのではないでしょうか。

Page Top