前へ
次へ

体を冷やす食物は、体に良い考え方もある

体を冷やさないために、食物は、温かい方が望ましいと思われている場合もあるでしょう。
体を温めると、免疫力が高まりやすく、熱を逃がすために血管が膨張しやすくなるためです。
血管が膨張すれば、血管の面積が広がり、熱を逃がす範囲が広がります。
血管が膨張すれば、詰まっていた血液も流れやすくなる働きも隠されています。
冷たい食物は、これと反対の作用が働きやすくなる場合もあるのです。
ただし、何事もバランスが大切です。
温か過ぎれば、血管の圧力が弱まり過ぎる中、血流の押し出す力が弱まってしまう場合もあります。
頭に血が回らなくなり、意識が薄れてしまう場合もあるでしょう。
周りの環境に対応できなくなり、不愉快さが心身に悪い影響を与えてしまいます。
体は本能的に、冷たさを求める中で、冷たい食物を求める働きを引き起こします。
ただし、温かい食物だけが身体に良いと理性が判断してしまえば、本能的な思いに抑制力が働いてしまうのです。
体を冷やす食物として、水分の多い豆腐やきゅうりなどが有名です。
バランスを考えながら、食に対する意識を高めなければなりません。

Page Top