前へ
次へ

春の食材を上手く使って美肌維持に繋げよう

食に対する知識もつけたい、こうした声を挙げるのは、美肌維持の習慣がついてきた女性から聞かれています。
例えば、季節的に肌トラブルが起こる女性にとって、春は、冬と夏の中間的なシーズンで、温と冷の両方の食べ物を考えることがポイントで、胃腸の調子を整えることに繋がります。
旬の食材を取り入れるのが理想で、春は春キャベツが出回ります。
冬のイメージですが、春キャベツは栄養価が高い野菜で、ビタミンCを含み、大きい葉1枚で1日分の必要な約7割も摂取できます。
ミネラルも含み、消化不良のむかつきも防いでくれます。
柔らかい葉は、生食に適していますし、コンソメやトマトなどで煮込むスープやロールキャベツなどなら、量的にもムリなく摂取できます。
菜の花も旬の野菜で、βカロチンや食物繊維など、豊富な栄養素をバランスよく含んでいます。
辛子和えなど、パンチを効かせた味付けもオススメです。
春に出回る苺も、美肌づくりの食にオススメで、紫外線ダメージを防いでくれます。

Page Top